吉野 剛弘 講師

吉野先生02
講師

吉野 剛弘YOSHINO Takehiro 

  • ネットワーク・コンピュータ工学
  • デジタル情報工学
  • 建築デザイン
  • コミュニケーション工学

先生の研究室を見てみよう!

関連コースネットワーク・コンピュータ工学デジタル情報工学建築デザインコミュニケーション工学
主な学部担当科目教職課程科目(教育原理・教育社会学など)
職名講師(教育)
学位博士(教育学)
専門分野教育学
研究領域日本教育史・中等教育史
所属学会日本教育学会、教育史学会、全国地方教育史学会、日本教育史研究会、大学史研究会、中等教育史研究会など
略歴慶應義塾大学文学部卒業
慶應義塾大学大学院社会学研究科教育学専攻修士課程修了
慶應義塾大学大学院社会学研究科教育学専攻後期博士課程修了
Emailtyoshino@mail.dendai.ac.jp
研究室オリジナルサイト 

代表的な論文・著書

  • 神辺靖光編著『明治前期中学校形成史 地域別編Ⅲ 東日本』(梓出版社,2014)(共著)
  • 田中克佳編著『「教育」を考える教育学』(慶應義塾大学出版会,2006)(共著)
  • 「旧制中学校補習科における実業科目の導入と挫折―千葉中学校の実業補習科を通して―」『日本の教育史学』第58集(2015)
  • 「明治後期における中等教育と高等教育とのアーティキュレーション」『近代日本研究』第31巻(2015)

学生へ一言

多くの方は、大学とは高等学校の後に続く学校というイメージをお持ちでしょう。たしかに、他の学校と同じく、学校教育法という法律で規定される学校の一つ にすぎないわけで、その点からみれば大学は特別な存在とはいえません。しかし、実際問題として、大学は高等学校までの学校とはかなり質の違う存在です。大 学には高等学校までの学校とは比較にならないほどの自由があります。大学生活を充実させるもさせないも、その自由をどう活用するかにかかっているのだと思 います。