島田 尊正 教授

島田 尊正詳細
教授

島田 尊正SHIMADA Takamasa

  • ネットワーク・コンピュータ工学
  • デジタル情報工学
  • 建築デザイン
  • コミュニケーション工学

先生の研究室を見てみよう!

関連コースデジタル情報工学、ネットワーク・コンピュータ工学
主な学部担当科目ディジタル信号処理、ニューラルネットワーク
職名教授
学位博士(工学)
専門分野医用生体工学
研究領域医用生体工学
所属学会電子情報通信学会、電気学会、日本臨床神経生理学会、日本生体医工学会、IEEE
略歴
平成8年 筑波大学大学院博士課程了
平成8年 日本学術振興会特別研究員(研究従事機関:筑波大学電子・情報工学系)
平成11年 東京電機大学超電導応用研究所助手
平成14年 東京電機大学情報環境学部情報環境学科講師
平成22年 同准教授
平成28年 同教授
Emailtshimada@mail.dendai.ac.jp
研究室オリジナルサイトhttp://www2.ic.sie.dendai.ac.jp/

代表的な論文・著書

  • Takamasa Shimada, Tadanori Fukami and Yoichi Saito, “Brain activation in response to face images with backgrounds", International Journal of Innovative Computing, Information and Control (IJICIC), Vol. 5, No. 3, pp.589-600, March 2009
  • 田村和弘, 島田尊正, 斎藤陽一, “自己組織化マップを用いた文脈的な自動睡眠段階判定手法”, 電気学会論文誌C, Vol. 130, No. 3, pp. 420-427, 2010
  • Tadanori FUKAMI, Takamasa SHIMADA, Fumito ISHIKAWA, Bunnoshin ISHIKAWA, and Yoichi SAITO, “The Relationship between Aging and Photic Driving EEG Response”, IEICE TRANS. INF. & SYST., VOL. E94-D, NO. 9, pp. 1839-1842,SEPTEMBER 2011
  • Noriharu Miyaho, Tatsuro Nakamura, Takamasa Shimada, Noriko Konno, “Practical Sensor Network Management Technology for Healthcare Applications”, International Journal on Advances in Life Sciences, vol. 3, no. 1 & 2, pp. 1-11, 2011,http://www.iariajournals.org/life_sciences/
  • 宮保憲治, 今野紀子, 島田尊正, “LED光の1/fゆらぎ -ヒトに与える癒し効果-“光アライアンス, Vol. 22, No. 10, pp. 29-35, OCTOBER 2011
  • T.Fukami, T.Shimada, F.Ishikawa, B.Ishikawa, "Investigation into indices of aging and schizophrenia using the photic driving response", International Journal of Innovative Computing, Information and Control (IJICIC), vol.9,no.10, pp.3875-3886, October 2013.
  • T.Fukami, H.Iyoda, T.Shimada, F.Ishikawa, "Quantitative Evaluation of EEG and Epilepsy Disease Detection on Hyperventilation Test", International Journal of Innovative Computing, Information and Control (IJICIC), vol.10,no.6, pp.2087-2095, 2014.
  • 島田尊正, 今野紀子, 宮保憲治, 深見忠典, 斎藤陽一, “脳波を用いた計算タスク時のストレス計測”, 電気学会論文誌C, Vol. 134, No. 10, pp. 1498-1505,October 2014

学生へ一言

生体信号の処理に関する研究を行います。本研究室で行っている主なテーマは以下になります。
・MRI画像を手がかりとしたアルツハイマー病の客観的診断
・機能的MRIを活用した脳における情動処理機構の解明
・脳波による機器の直接操作(BCI)
・生体情報を活用した、ストレス軽減による予防医療システムの開発
・脳型コンピュータシステム(ニューラルネットワーク)を活用した知的な自動診断システムの研究
自分でいろいろ考えて、積極的に試して、楽しみながら新しいことにチャレンジして
いくことが好きな学生を大歓迎します。 毎年何人もの学生が学会で自分の成果を発
表しています。
昔からの趣味でアマチュア無線(JA1GAC)をしています。機会があればお空でも会
いましょう73!
 

その他

  • 土肥紳一, 中村尚五, 川勝真喜, 島田尊正, “ダイナミックシラバスの開発”, 東京電機大学研究振興会 教育賞, 9/17, 2002
  • 土肥紳一, 中村尚五, 川勝真喜, 島田尊正, “ダイナミックシラバスの開発”, 日本工学教育協会賞 業績賞第25号, 9/3, 2003
  • 島田尊正, 第2回 東京電機大学ME会 奨励賞10/1, 2008
  • Noriharu Miyaho, Tatsuro Nakamura, Takamasa Shimada, Noriko Konno, “Sensor Network Management for Healthcare Applications”, The Fifth International Conference on Systems and Networks Communications (ICSNC2010), BEST PAPER AWARD, August, 2010, Nice, France