宮原 一紀 教授

宮原 一紀詳細
教授

宮原 一紀Kazunori Miyahara

  • ネットワーク・コンピュータ工学
  • デジタル情報工学
  • 建築デザイン
  • コミュニケーション工学

先生の研究室を見てみよう!

関連コースデジタル情報工学、ネットワーク・コンピュータ工学
主な学部担当科目物理学A(力学)
エレクトロニクスB(アナログ回路)
ディジタル計測工学
職名教授
学位工学博士
専門分野エレクトロニクス 応用物理
研究領域ディジタル回路設計 超伝導回路
所属学会電子情報通信学会 応用物理学会
略歴 1979年 東北大学大学院博士課程修了(工学博士)
同年 日本電信電話公社(現NTT)電気通信研究所入所
1998年 NTT基礎研究所先端デバイス研究部を退職       
同年 財団法人国際超電導産業技術研究センター超電導工学 研究所に移籍     
2003年 東京電機大学に移籍 情報環境学部教授 現在に至る
Emailmiyahara@mail.dendai.ac.jp
研究室オリジナルサイト 

代表的な論文・著書

  • "Large-Scale SFQ Switches Using Miniaturized 2x2 Switch Cell" IEEE Trans. Appl. Supercond., vol.18, No.4 p.1790 (2008)
  • "Improvement and evaluation of the high-frequency operation of superconductor frame compression circuits" Physica C vol.468 p.1973 (2008)
  • "Design of superconductor frame compression circuits" Physica C vol.463 p.1080 (2007)
  • "Design and demonstration of high-functionality logic cells for miniaturization of SFQ switches" Physica C vol.463 p.1076 (2007)
  • "State-of-the-art IP switching router architecture using SFQ technology" Physica C vol.445 p.1024 (2006)

学生へ一言

「百聞は一見に如かず」と言いますが、大学の教室で先生の講義を聴いただけでは、やはり本当のところを具体的に実感し、本質を理解することは難しいものです。
研究室における卒業研究は、大学4年間で学んだ学問の集大成として、実際に近い研究対象に向かって、学んできたことを総動員して実践してみることに意義があると思います。卒業研究という、目立った成果が出なくても許される場で、ぜひ自分の実力を試してみてください。