大山 実 教授

大山 実詳細
教授

大山 実OHYAMA Minoru

  • ネットワーク・コンピュータ工学
  • デジタル情報工学
  • 建築デザイン
  • コミュニケーション工学

先生の研究室を見てみよう!

関連コースネットワーク・コンピュータ工学、デジタル情報工学コミュニケーション工学
主な学部担当科目情報処理の基礎、データベースシステム、ヒューマンインタフェース
職名教授
学位博士(工学)
専門分野情報通信サービス、ヒューマンインタフェース
研究領域情報通信サービスの創生、ヒューマンインタフェース
所属学会電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会
略歴 1975年 東京電機大学大学院修士課程修了
1975年 日本電信電話公社(現NTT)入社
同社電気通信研究所にて,電子番号案内方式,音声・言語処理応用,通信のパーソナル化等の研究開発に従事。
1998年 電気通信大学大学院情報システム学研究科客員教授 
2001年 東京電機大学情報環境学部教授
Emailohyama@mail.dendai.ac.jp
研究室オリジナルサイト 

代表的な論文・著書

著書
  • 共著“Eye Movement: Theory, Interpretation, and Disorders” Nova Science Publishers(2011.5.)
論文
  • 共 著“Information Retrieval System Using Location and Transportation by GPS traces as Search Criteria ”pp.1024-1028 IEEE Tencon2011 978-1-4577-0254-9-11 (2011.11)
  • 共著” Eye-gaze Detection by Image Analysis under Natural Light“ Human-Computer Interaction, PartⅡ pp.176-184
    HCII2011(2011.07.)
  • 共著”視線によるマウス操作補助システム”,電気学会論文誌C,Vol.129-C,No.09,pp.1705-1713,2009年9月
  • 共 著” Automatic Method for Measuring Eye Blinks using Split Interlaced Images“ Human-Computer Interaction, PartⅠ, pp.3-11 HCII2009(2009.07)

学生へ一言

本研究室では、自分自身で考えたアイデアを基に、システムを自ら構築することを大切にしています。どんな小さなことでも自分で考えることが重要です。シス テム構築の過程では、ゼミの仲間との議論が最も役に立ちます。若くて柔軟な考えを持った学生と議論しながら研究の完成度を高めていく過程が,大学での研究 の醍醐味です。