信号処理研究室(斎藤 博人 准教授)

研究室名信号処理研究室 Signal Processing Laboratory
担当教員 斎藤 博人 准教授
関連コースデジタル情報工学、コミュニケーション工学ネットワーク・コンピュータ工学
研究内容ディジタルフィルタ設計論,音声の信号処理,会話インタフェース
研究室オリジナルページhttp://www.sps.sie.dendai.ac.jp

指導方針・研究概要

本研究室では、信号処理技術を基盤として人間同士のコミュニケーションを支援する技術の研究開発に取り組んでいます。
現在は主に、音声をゆっくりに変換することが可能な「話速変換技術」を遠隔会話に利用するための研究をしています。話速変換技術を会話に利用することで、高齢者が若年者と会話をする場合や、非母語を利用して会話をする場合において相手の発話を理解しやすくすることができます。
加えて、本研究の成果はマルチメディアコミュニケーション、擬人化エージェント、介護ロボット等、音声合成装置にも応用でき、音声変換が介在するあらゆる分野で利用が期待できます。また、本研究の特色は、数学と工学的な技術だけでは無く人間科学の知見も取り入れ、発話行動における人のパラ言語表現、人のパラ言語認知の仕組みを考慮した評価基準を利用している点です。
keyword : 信号処理、音声処理、インタラクション、コミュニケーション支援、etc
 
 

saito

主な卒論テーマ

  • 視聴覚情報が同期する話速変換映像会話システムの開発
  • VADを利用したリアルタイム話速変換システムの開発
  • 待ち時間を可視化する話速変換システムのインタフェース設計
  • リアルタイム話速変換がユーザ行動に与える影響の分析と評価
  • 話速変換音声から受ける話者印象を制御する音声信号処理に関する研究
  • 対応データ系列探索法による動揺データの距離サンプリング変換に関する研究
  • ディジタルフィルタの設計法

saito (3)