ネットワークコンピューティング 研究室(小林 浩 教授)

研究室名ネットワークコンピューティング研究室 Network Computing Laboratory
担当教員 小林 浩 教授
関連コースネットワーク・コンピュータ工学
研究内容快適で安心・安全なネットワークコンピューティング環境を創る!
研究室オリジナルページhttp://www.nc-lab.sie.dendai.ac.jp/

指導方針・研究概要

当研究室では、東京電機大学の標語 "想いは未来を創る" を理念に、快適で安心・安全に情報と関わり合えるネットワークコンピューティング社会を担う人材の育成に努めています。
 
【サイバー攻撃対策技術】
 年々巧妙化・組織化しているサイバー攻撃は.地球規模での大きな脅威となっています.これまでの“自分を守るセキュリティ”では限界にきており,“グローバルセキュリティ”への発想の転換と,その具体化が急がれています.こうした視点に立って,攻撃パケットをインターネットに流出/流入させない自律分散型インターネットセキュリティ基盤の構築を目指した研究プロジェクトを推進しています.
  ポイントは,OpenFlowにて試作したMLB(multi-layer binding)ルータを用いて適応型ファイアウォールを形成し,偽装パケットのセキュリティ基盤内への流出を防ぎ,またサイバー攻撃の被害ノードやインターネット定点観測サイトからの要請に基づいて,攻撃パケットのセキュリティ基盤内への流入を阻止することです.
  画像は,インターネットを模擬したテストベッドにて,DDoS攻撃を受けた被害ノードからの廃棄要請(赤い矢印)による攻撃遮断実験を,ネットワークトラフィック可視化システムで記録したものです(動画は,研究室オリジナルページに掲載).
 
 s-kobayashiL1 s-kobayashiL2 

 s-kobayashiL3 s-kobayashiL4

:ソフトウェア操作でスイッチの構成や性能を動的に制御するSDN(Software-Defined Networking)を代表する技術.
:利用者ネットワーク側に配置するeMLBR,インターネットの入口に配置するiMRBR,及びISPとの境界に配置するbMLBRなどで適応型ファイアウォールを形成する.

主な卒論テーマ

  • MLBルータを用いた通信相手限定によるマルウェア汚染IoTの無害化
  • IPv4/IPv6 対応インターネットセキュリティ基盤テストベッドの構築と動作検証
  • 大規模劣悪環境下における災害復旧作業支援無線センサーネットワーク
  • 無線LANへのFull-Flying S-CSMA/v-MCA方式適用
  • ニューラルネットワークを用いた単位修得推定精度の向上

学生からメッセージ

  • 小林先生が「優しく,厳しく,厳しく」指導をしてくださる研究室です.大変な研究室?確かに大変ですよ.でも夏合宿や歓迎会などのときは先生を含めてみんな大騒ぎして楽しんでいます.遊びたい研究したい人は是非!(TT)
  • 研究室は毎年人の入れ替わりがあります。しかし、小林研は例年おもしろいです。なぜでしょう。それはみんなで励ましながら辛い時を乗り越え、遊ぶときは十二分に遊ぶ。そんな雰囲気の研究室だからだと思います。(IO)
  • 小林研究室には、個性的ですご腕の人がたくさんいます。プログラミング、理論、モノ作り、デザイン、PC、ゲーム、アニメ、スポーツ、ダンス・・・詳しい人から色々なことを学び、発見できる研究室です。(YA)