国際センター(千葉ブランチ)

検索結果

異文化交流を楽しむ英語サイトはこちら
千葉ブランチへようこそ!
千葉ブランチへようこそ!

国際センター千葉ブランチは2011年5月にオープンしました。主に海外からの留学生の受け入れ、在学生の留学支援など、国際交流に関することを幅広くサポートしています。
特長は短期留学受け入れプログラムが毎年あることです。毎年新たな顔ぶれの留学生が、秋セメスターの4ヶ月を千葉ニュータウンキャンパスで過ごします。

東京電機大学は留学生に勧めたい進学先に選ばれています!

詳しくはこちらから
平成25年8月6日の財団法人日本語教育振興協会が主催する平成25年度日本語学校教育研究大会において、『留学生に進めたい進学先』として、本学が大学(理工系)部門賞を受賞しました。

千葉ブランチの役割

1海外からの留学生へのサポート

留学を希望する在校生へのサポート

留学生と在校生をつなぐ

海外からの留学生へのサポート

学生生活をサポートします!

キャンパス内のガイド

なんでも話せる相談相手

イベントの実施

2013年度千葉ニュータウンキャンパス留学生状況

正規留学生

短期留学生

千葉ブランチだけの取り組み短期留学生受け入れプログラム
情報環境学部では、学部開設時より短期留学生受け入れプログラムを実施してきました。
このプログラムは秋セメスターの約4ヶ月、米国・フィンランド・インドネシアの協定校から来日した学生が、情報環境学部で学びます。
POINT1日本の文化に触れる
ホームステイ
ホームステイ

国際センター千葉ブランチは2011年5月にオープンしました。主に海外からの留学生の受け入れ、在学生の留学支援など、国際交流に関することを幅広くサポートしています。
特長は短期留学受け入れプログラムが毎年あることです。毎年新たな顔ぶれの留学生が、秋セメスターの4ヶ月を千葉ニュータウンキャンパスで過ごします。
フィールドトリップ
フィールドトリップ

日本の文化に触れることを目的に、江戸東京博物館、歌舞伎観劇、国立歴史民俗博物館、日光などを訪問します。
2013年度は東京湾クルーズにも出かけました。
キャンパスイベントへの参加
キャンパスイベントへの参加

学園祭や学生団体主催のハロウィーンパーティーなど、学内の様々なイベントに参加できます。イベントを通して日本人学生との交流を楽しめます。
POINT2情報環境学部で学ぶ
語学留学を目的とした方、情報環境学部で情報を学びたい方。短期留学受け入れプログラムでは、それぞれの目的に合わせた学びを用意しています。

日本語を学ぶ

日本語を学びたい留学生のために、「英語で日本語が学べる」講義を用意しています。
この講義は公開授業になっているので、日本人学生はもちろん地域の方も参加することができます。
語学力向上と、国際交流を同時にはかれます。

情報を学ぶ

2名1組で研究室に入り、日本人学生と共同でシステム開発等の研究を行います。
最終的には研究成果を日本語で発表する機会もあるので、全員真剣に取り組みます。
留学生の声
日本で就職する希望が叶いました!
日本で就職する希望が叶いました!

マハルジャン・スニル さん

小さい頃から日本のロボット技術のすごさなどを、テレビで見て憧れていました。高校でコンピュータと数学を学んだ後、日本のコンピュータ専門学校に留学。卒業後、当時の日本は不況で就職先がなく、もう一度学び直そうと情報環境学部に入学しました。一番の理由は、学習に厳しいという評判と、就職率の高さです。入学してみるとそのとおりで、勉強で鍛えられただけでなく日本語もマスターできました。おかげで、念願だった日本のソフトウェア開発会社に就職できました。この会社は母国・ネパールのシステム開発案件を受託していて、テストのために現地案内役を兼ねて私も同行しました。その時、社長から「役に立ったよ」と言われ、とても嬉しかったです。将来はネパール支社をつくって、母国のITの発展に貢献したいと思っています。

来日してから言葉で苦労しましたが、勇気と夢があれば乗り越えられます。情報環境学部には国際センターがあって、留学生のあらゆる相談に応じてくれますよ。ぜひチャレンジしてください!
マハルジャン・スニルさん

この国から来ました!出身国:ネパール連邦民主共和国公用語:ネパール語首都:カトマンズ

南はインドに、北はチベットと接する西北から東南方向に細長い小さな国ネパール。世界最高地点エベレストを含むヒマラヤ山脈から亜熱帯の低地まで、変化に富んだ自然のなかに30以上の民族が暮らしています。

将来は母国の大学で教えるのが夢です!
将来は母国の大学で教えるのが夢です!

プラカサ・イバン さん

私が学んでいたインドネシアのヌサンタラマルチメディア大学は東京電機大学の協定校で、短期留学制度を利用して4カ月間日本に滞在しました。その間、情報環境学部のモバイルプロジェクトに参加し、ぜひ本格的にここで学びたいと感じたのです。そして1年間、研究生として学び、さらに大学院に進学しました。インドネシアでは、IT分野はモバイルに関心が集中していて、学べる技術もモバイル分野のことばかりなのですが、日本では広範かつ高度な技術が学べるところがいいですね。私は今、修士課程でクラウドコンピュータについて研究しています。修了したら就職して経験を積み、母国でIT企業を起業したいと思っています。そして、いずれ母国の大学で教えるのが夢です。

日本に来て一番大変だったのは、やはり言葉です。特に漢字には苦労しています。その点、千葉ニュータウンキャンパスの先生はレポートを英文で出すことを認めてくれるなど配慮してくれました。また、国際センターには毎日のように顔を出しています。いろいろと助けてもらえるので、安心できますね。
プラカサ・イバンさん

この国から来ました!出身国:インドネシア共和国公用語:インドネシア語首都:ジャカルタ

5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える国インドネシア。主要5島をはじめ1万数千もの島々からなるこの国では、多くの民族が暮らしています。宗教、風習、芸能、風土なども個性的で地域性が強い多彩な魅力があります。

留学を希望する在学生へのサポート

世界へ飛び出したい方へ

留学してみたいけど、何から始めたらいいか分からない方。まずは千葉ブランチに相談に来てみませんか?みなさんの話をじっくり聞いて、1人1人にとってベストな留学を提案します。

留学先の決定

出発の準備

留学中のケア

留学後のフォロー

留学した在学生の声
石川博也さん
留学で主張することを鍛えられ、自信がつきました!

石川 博也 さん

学部1年生の秋セメスターの半年間、東京電機大学TDU の協定校であるフィンランドのラップランド応用科学大学に留学しました。理系の世界は英語が公用語なのでマスターしておきたかったことと、将来は国際的な仕事をしたいとの思いが動機となりました。それと、ノキアがあるフィンランドでは、高度なネットワーク技術が学べることもポイントでした。

現地では留学生用のプログラムを受講。EU各国をはじめ、中国や韓国からの留学生に混じって、ある企業のケーススタディーに取り組んだことが印象的でした。各学生に会社での役職が割り振られ、自分の立場ならどう考え判断するのか、というロールプレイングを行うのです。授業では常に先生や学生仲間から「君の意見は?」と求められました。自分の考えをはっきり主張しないと相手に通じない環境に鍛えられましたね。おかげで自信がつきました。この経験は、就職活動やその後の社会人生活で絶対に活かせると思っています。日本人は内向きと言われていますが、留学は視野が広がるいい機会だと思います。

中原健志さん
日本と世界との違いを経験し、視野が広がりました!

中原 健志 さん

元々海外に興味があり、また大学院に進学して国際的なテーマで研究する可能性も考えて、2年生の秋セメスターにフィンランドのラップランド応用科学大学に留学しました。
国際文化の授業で、留学生が母国の生活文化についてプレゼンテーションを行う機会があり、私は「トイレの温水洗浄便座」をテーマにしました。教室の椅子をトイレに見立ててジェスチャー交え「僕は37℃が適温です」などとデモンストレーションを行ったら、大爆笑!おかげで学生仲間から「お前のトイレの話は最高だった」などと声を掛けられ、コミュニケーションする機会が増えたと思います。

スロバキア人の学生と親しくなり、プログラム終了後にフィンランドから彼の家まで船と鉄道を手配して5日がかりで行きました。そこで1カ月近くを過ごしたのですが、その間非常にいろいろなことを経験しました。日本と世界との違いをまざまざと経験し、とても視野が広がったと思います。今、スロバキア語を勉強中ですが、将来は専攻したソフトウェア技術を活かし、スロバキアとかかわる仕事をしたいと思っています。
石川博也さんと中原健志さん

この国に行きました!留学国:フィンランド共和国公用語:フィンランド語、スウェーデン語首都:ヘルシンキ留学先:ラップランド応用科学大学

北ヨーロッパ、バルト海のボスニア湾とフィンランド湾に面する国。首都ヘルシンキ。国土は比較的低平で、氷河(ひょうが)によってつくられた約6万の湖がある。気候は、高緯度のわりには温和。

留学生と在校生をつなぐ

イベントで国際交流を盛り上げる!

国際センター千葉ブランチでは、留学生と在学生をつなぐイベントがいくつもあります。情報環境学部独自である、短期留学生受け入れプログラムは秋セメスター とともに始まります。フィンランド・米国・インドネシア共和国等から約4ヶ月滞在する留学生とともに学園祭(秋葉祭)での各国料理を振舞う模擬店や学生団体主催のハロウィンパーティでの仮装大会、日本文化に触れることを目的としたフィードトリップ等を通じて異文化に触れる機会が格段に増えます。 また、合同体育祭や留学生懇親会等のイベントにも参加することで他キャンパスの留学生とも交流を図ることができます。

ハロウィン

ハロウィン

学園祭

学園祭

学園祭

学園祭

学園祭

学園祭

授業(日本語を学ぶ自己表現法)

授業(日本語を学ぶ自己表現法)

留学生交流会

留学生交流会

フィールドトリップ

フィールドトリップ

フィールドトリップ

フィールドトリップ

フィールドトリップ

フィールドトリップ

フィールドトリップ

フィールドトリップ

フィールドトリップ

フィールドトリップ

フィールドトリップ

フィールドトリップ

東京湾クルーズ

東京湾クルーズ

フィールドトリップ

東京湾クルーズ

短期留学生

情報を学ぶ

短期留学生

情報を学ぶ

国際センターでは「Peer Advisor」を募集しています!

東京電機大学 情報環境学部_研究・国際センター_r36_c47
日本語さえ話せれば問題ありません!英語を話せる方も大歓迎です!短期留学生は主に異文化交流や日本語を勉強するために来日しています。
お手伝いの内容は主に短期留学生が来日した時のキャンパス内や千葉ニュータウン駅周辺案内、オリエンテーションの参加、秋葉祭のお手伝い、短期留学生が参加するイベントへの参加、そして最も大事なお仕事はキャンパス内でのフォローです。
キャンパス内では言葉や文化の壁もあり、なかなか日本人学生と打ち解けることが出来ないのが現状です。そこで貴方には時間を見つけては一緒にランチを取ったり、遊びに誘ったり等気軽に相談できるMateになって頂きたいのです!きっと、彼らにとっても貴方にとっても大変貴重な経験になるでしょう。
ご応募、お待ちしております!

アクセスMAP・お問い合わせ

国際センター千葉ブランチアクセスMAP
国際センター
千葉ブランチ


教育棟5階 529教室
開室:平日 10:00〜17:00
Tel:0476-46-4111(内線73-8011)
Fax:0476-46-8018

ページのトップへ

資料請求