デジタル情報工学コース卒業後の進路

現象を的確に理解した上でつくりあげる"人の役に立つシステム"。
人々の暮らしを豊かにする音響と画像システム。
安心して暮らせる社会にする医用と福祉システム。
これらのシステムを設計し、目に見える形で実現させる。
デジタル情報と最先端技術を活用し、社会に貢献する有益なシステムの設計・開発を行える人材を育成します。

進路DATA

卒業後の進路

主な就職先
アルパイン、セイコーエプソン、東芝、NEC、富士通、NTTデータ、インテル、サッポロビール、セコム、NTTコミュニケーションズ、日立システムズ、みずほ情報総研、三菱電機、ローム、三井住友海上システムズ、西武鉄道、日立製作所、イオン、ヤフー、沖電気工業、朝日生命保険相互会社、JTB情報システム、フジタ、NECソフト など

所得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(数学)
  • 高等学校教諭一種免許状(情報)
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • ITストラテジスト試験
  • システムアーキテクト試験
  • プロジェクトマネージャ試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • データベーススペシャリスト試験
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験
  • 情報セキュリティスペシャリスト試験
  • ITサービスマネージャ試験
  • システム監査技術者試験
  • ディジタル技術検定試験
  • CGクリエイター検定試験
  • CGエンジニア検定試験
  • Webデザイナー検定試験
  • 画像処理エンジニア検定試験
  • マルチメディア検定試験
  • JavaTMプログラミング能力認定試験
  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • 医療情報技師能力検定試験
  • ME技術実力検定試験 など

卒業生の声

M・T-さん
学生時代に触れた多くの技術が現在の仕事の支えです。
デジタル情報工学コース 平成19年度卒業
三菱電機株式会社 勤務
静岡県立庵原高等学校 出身
M・T さん

私は現在、三菱電機株式会社伊丹製作所でトレインビジョンのシステム設計を担当しています。具体的には、お客様である鉄道事業者様と表示方法やコンテンツなどの仕様を決めて、所内のリーダとして社内の各製作部門に仕様を展開する仕事をしています。大学ではネットワーク、通信技術、データベース技術等の講義を中心に受講していました。製品を作るためには一つの技術があれば良いわけではなく幅広い要素技術と知識が必要です。学生時代には多くの技術に触れる事ができ、現在に至っても私の仕事の支えとなっています。また、信号処理研究室に所属し、ディジタルフィルタを設計、DSP(Digital Signal Prosesser)に実装するための組込ソフトウェアを製作するといったディジタル信号処理を研究していました。現在、私はソフトウェアを製作する職務にはついていませんが、ソフトウェア製作部門と打ち合わせる際に研究で得た知識は非常に役立っています。今後はトレインビジョンに限らず、さらなる快適な環境を皆様に提供できるように頑張りたいと思います。

Y・Tさん
”お気に入り”と言ってもらえるような場所づくりを目指して
デジタル情報工学コース 平成23年度卒業
ヤマハサウンドシステム株式会社 勤務
千葉県立千葉北高等学校 出身
Y・T さん

私は技術部に所属し、ホールや劇場における舞台音響設備の施工を中心に行っています。具体的には、現場代理人として全国各地の施工現場で建設現場に関わる方々と話し合ったり、施工方法を考えたりしながら、無事に施工を終わらせるための段取りを行う業務を行っています。大学では、音響情報研究室に所属し、嚥下音をマイクロフォンにて採取し、健常者と障害者の判別を行うためのプログラムを製作する研究をしていました。生体音は非常に微弱な信号ですので、採取には細心の注意を払う必要がありましたが、ホールや劇場の舞台音響設備においても同様です。いかによりよい条件で施工を行い、音声信号を伝送し拡声することが重要か学べていたことが、現在の意識に非常に役立っています。
今後は、より多くの現場経験を積み、担当したホールや劇場が、いらっしゃったすべての方々にとって”お気に入り”と言ってもらえるようになることが目標です。

未来のエンジニアを育成する4つのコース

ネットワーク・コンピュータ工学
情報化社会の基盤となるコンピュータ・ネットワーク・プログラミングの技術者を育成します
デジタル情報工学
暮らしに豊かさと安心を提供する様々なシステムの設計・開発を行える人材を育成します
建築デザイン
情報化社会における、快適な「空間」「環境」を、リアルとバーチャルの双方から学びます
コミュニケーション工学
工学と人文の視点から、人と物・人と人との良好なコミュニケーションを創造します

情環の先生

img-09

img-10