ネットワーク・コンピュータ工学コース

現代社会で重要な位置を占める「情報」を発信・受信するだけでなく、迅速な数値計算もこなすコンピュータ。
それを自在に操るプログラミング。そして無数のコンピュータを連携させるネットワーク。
これらの技術を習得し、情報化社会を支える技術者をめざします。
img-03

学びのポイント

技術革新に対応できる能力の養成
コンピュータネットワークの分野は日々技術革新の連続です。こうした技術革新に対応するためには基礎技術とその応用力が必要です。まず、プログラミングの授業は実習形式で進めることで実力が身に付きます。さらに、高学年では長いプログラムを作成するために不可欠な技術を修得します。
時代の要請に応える授業内容
現在のインターネット社会では過去には存在しなかった技術課題が生じています。例えば、ネットワークセキュリティやビッグデータなどです。こうした課題にタイムリーに対応できるようなネットワークやデータベースなどの講義、プロジェクト科目そして卒業研究を履修できます。

ネットワーク・コンピュータ工学コースの学び

ネットワーク
  • ■ネットワーク技術
  • ■分散リアルタイム処理
  • ■情報システム構築
  • ■サーバ構築技術
  • ■ユビキタスネットワーク
コンピュータ
  • ■コンピュータ
  • ■コンピュータ構成
  • ■コンピュータ技術
  • ■OS
プログラミング
  • ■ソフトウェア分析設計
  • ■情報セキュリティ
  • ■データベース

PICK UP カリキュラム

コンピュータネットワーク

コンピュータネットワーク
コンピュータネットワークの発展の基礎となった技術を学びます。また、その管理・性能解析に関わる基本を身につけます。

コンピュータ構成

コンピュータ構成
「プログラムの処理」という観点からコンピュータの構成について学びます。また、原理も知ることができます。

オブジェクト指向設計

オブジェクト指向設計
大規模なソフトウェアを開発するための技術を学びます。開発に必要な分析や設計を中心に学ぶことができます。

PICK UP研究

小川猛志3

情報ネットワーク環境研究室

次世代アーキテクチャのインターネットを開発

小川 猛志 教授

宮保憲治8

情報ネットワーク環境研究室

次世代ネットワーク技術漬けになろう

宮保 憲治 教授

八槇博史6

情報安全技術研究室

ボランティアの無線LANを
安心して使える社会づくり

八槇 博史 准教授

冬爪成人7

インターネットテクノロジ研究室

インターネットの可能性を拡げる無線ネットワーク

冬爪 成人 講師


未来のエンジニアを育成する4つのコース

ネットワーク・コンピュータ工学
情報化社会の基盤となるコンピュータ・ネットワーク・プログラミングの技術者を育成します
デジタル情報工学
暮らしに豊かさと安心を提供する様々なシステムの設計・開発を行える人材を育成します
建築デザイン
情報化社会における、快適な「空間」「環境」を、リアルとバーチャルの双方から学びます
コミュニケーション工学
工学と人文の視点から、人と物・人と人との良好なコミュニケーションを創造します

情環の先生

img-09

img-10