学部がめざすもの

学部の理念

さらなる進化を遂げていくことが予想される、21世紀の情報化社会。そこで求められるのは、確かな専門知識をベースに、より快適な社会システムづくりを行うことができる、柔軟性ある人材です。情報環境学部では、ネットワーク・コンピューターと情報に関する幅広い学びを提供するとともに、特色ある教育方法を導入。学生自身の手で組み立てた学習計画のもと、自発的に学んでいける学習環境を整えました。それにより、実践的な知識だけでなく、自らを律する姿勢も身につけることができます。

入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)

情報環境学部は、人と情報の関わりを探求し、人に優しい情報環境を提供できる技術者を養成します。さらに、情報技術の専門家の立場で指導できる人材を養成します。これらの養成目的に沿い、理系のみならず、文系を含めた広い分野から、学生を受け入れます。人と情報の関わりに興味と関心を持ち、情報化社会の著しい変化に対応し、新しいものを創造できる意欲を持っている学生を受け入れます。
情報環境学科

21世紀の情報化社会は、さらなる進化を遂げていくことが予想されています。そこで求められるのは、確かな専門知識をベースに、より快適な社会システムづくりを行うことができる、柔軟性のある人材です。 情報環境学部の情報環境学科は、ネットワーク・コンピュータと情報に関する幅広い学びを提供するとともに、特色ある教育方法を導入しています。学生自身の手で組み立てた学習計画のもと、自発的に学んでいける学習環境を整えました。それにより、実践的な知識だけでなく、自らを律する姿勢も身につけます。 この理念を理解した上で共感し、将来、情報環境の分野で、高いレベルの専門性を有して活躍したいと強く希望している学生を受け入れます。